優れた特徴を持つ2×4工法を採用

irohacoでは、「2×4工法」を主に採用しています。
熟練の職人が揃っているので、お客様のご希望により、
昔ながらの「在来工法」ももちろん可能です。

2×4工法

北米では住宅の9割以上がこの工法で建てられています。
2インチ×4インチ(ツーバイフォー)材を主な基本構造材とすることが、その名前の由来です。
日本で多く採用されてきた木造軸組工法とは大きく異なる建築方法で、さまざまな優れた特徴があります。

地震に強いんです

木造軸組工法が「柱」で建物を支えることに対して、2×4工法は「面(パネル)」で建物を支えます。
軸組工法は、まず柱や梁で家を形づくり、壁や屋根を施工していきます。
2×4工法は、床・壁・屋根がすべて面として工場で作られ、その面で家を形づくっていきます。
地震などの災害時には、揺れを「面」全体で受け止め分散させてしまうことで、ゆがみが起こりづらく影響も少ないのです。この「面構造」が優れた耐震性・耐風性を生み出します。

断熱性省エネ

木はもともと鉄の約350倍という断熱性を持っています。木材を多く使用する2×4工法は、部材相互の密接度が高く、それがさらに断熱性・機密性・防火性を高めています。冷暖房効果の高い住まいが実現し、省エネでお財布にも環境にもやさしい工法です。

合理的高品質

構造用製材はJAS規格によって厳しく品質チェック・規格化されています。統一された部材を使用し完全にマニュアル化されているため非常に合理的。工事期間も短く、現場の職人によって仕上がりが違うということもありません。品質の安定した家を建てられることは大きなメリットです。

 

在来工法

木造軸組工法とも言われ、柱と梁の軸組による工法です。
日本の多くの住宅がこの工法で建てられています。
irohacoでは、在来工法のほか軽量鉄骨造などの施工も承ります。

デザイン自由

設計の自由度が高いことが特徴です。木の良さを活かしたり、柱や梁を見せて趣きを添えられるのもこの工法ならでは。しかし職人の腕により仕上がりに差が出るデメリットがありました。そのため最近では、工場で加工した木材を現場で組み立てるプレカット工法が主流となっています。

増改築しやすい

柱と梁で構成されているため、将来においての増改築が容易です。ライフスタイルや近隣環境の変化に合わせて、部屋の増築や大きな窓の取り付けなど、自由なリノベーションが可能です。