在来型工法(木造軸組工法)とツーバイフォー工法

いろはこでは、主に在来型工法(木造軸組工法)を用いた施工を行います。
もちろん、ご要望によりツーバイフォー工法での施工も可能です。

在来型工法(木造軸組工法)とは

在来工法(木造軸組工法)は、柱と梁の軸組による昔ながらの工法で、日本の多くの住宅がこの工法で建てられています。
この方法の特徴はツーバイフォーのような設計上の制限が少なく、よりお客様のイメージに近い家を実現することができます。

在来工法(木造軸組工法)のメリット

1.よりイメージに近い、自由な間取りができる

在来軸組工法は家全体を強い壁で包むように建てるため、内部に壁を設けなくても充分な耐震性を得ることができます。また、使える部材類も豊富なため、住居内のレイアウトの自由度が向上し、お部屋の配置や数、広さを自由にレイアウトすることが可能です。個性ある間取りにも対応できるので、イメージ通りの自由な間取りが実現できます。

2.通気性を高め、調温・調湿に優れた快適な住まいを実現

在来型工法(木造軸組工法)は通気性がよく、湿気がこもりにくく、断熱性が高い構造を実現可能です。結露や土台・柱の老朽化を防いで、住まいが長持ちしやすいのも特徴の一つです。日本は比較的温度の変化が大きく、湿度が高い国ですから通気性は重要なポイントと言えるでしょう。

3.大きな開口や木の良さを表現するための梁現しで開放的な家に

明るく開放的な家を好む人にとっては、重要なポイントですね。
壁で支えるツーバイフォー工法等の場合だと開口部を大きく取ると強度が落ちてしまう可能性がありますが、木造軸組工法は柱と梁で支える構造のため、開口部や間取りの自由度が高く、大きな開口部を設けたり、柱・梁現し等を実現できます。
開口部を大きく取ることで、採光や通風を確保しやすくなり、開放的な住まいをご希望の方にぴったりの工法です。

4.将来的な増改築やリノベーションが比較的容易

室内の壁に耐力壁が少なくてすむ在来軸組工法なら、仕切りの変更も比較的簡単に実現でき、リフォームでは壁を動かしてLDKを大きくしたり、廊下をなくしたりかなり自由な間取り変更が可能になります。家族構成の変化等があっても、比較的容易に住まいのレイアウトを変更することができます。

工法へのこだわり

在来工法(木造軸組工法)のデメリット

在来工法(木造軸組工法)のデメリットとしては、

  • 他の工法に比べ、価格の大工の手間料が大きくなる
  • 大工の技術に左右され、工期が長くなりがち
  • 2×4などに比べ耐震性能は低いといわれている

等が挙げられますが、いろはこではこうしたデメリットを解消する為の取り組みに力を入れ、よりコストパフォーマンスの高い住まいを実現できるよう、常に新しい素材・部材・技術を取り入れています。

住まいにこだわるなら在来工法(木造軸組工法)がオススメ

「こだわりの家を造りたい」という方には、だんぜん在来工法(木造軸組工法)をオススメします。
昔から、日本の風土に合わせて進化し続けてきた工法だからこそ、
家づくりを計画中の方は、ぜひ、ご検討してみてください。

もちろん、いろはこではご希望があればツーバイフォーなどの工法でも施工が可能です。
気になっていること、不安に思っていることがありましたら、どんな些細なことでも構いませんので、お気軽にご相談ください。

サイト内検索