木造軸組工法(在来工法)

irohacoでは、主に木造軸組工法(在来工法)を用いた施工を行います。
もちろん、ご要望により2×4工法での施工も可能です。

木造軸組工法(在来工法)とは

木造軸組工法(在来工法)は、柱と梁の軸組による昔ながらの工法で、
日本の多くの住宅がこの工法で建てられています。

この工法の特徴は2×4工法よりも設計上の制限が少なく、
よりお客様のイメージに近い家を実現することができます。

さらにirohacoでは、地震により強い家を皆様にご提供させていただきたい、との想いから
大きな空間を作るために金物工法(オプション)を採用し、
ご家族の安心・安全をご提供しております。

 

木造軸組工法(在来工法)の特徴

「木造軸組工法」ってこんなにもいいことがいっぱいあるんだ!自分が思い描いているお家が出来るし、建てた後のことも考えるととってもいいね!
「木造軸組工法」は間取りの自由度も高いうえ、快適に暮らせるとたくさんのお客様に喜ばれております!

住まいにこだわるなら木造軸組工法(在来工法)がオススメ

「こだわりの家を作りたい」という方には、だんぜん木造軸組工法(在来工法)をオススメします。
昔から、日本の風土に合わせて進化し続けてきた工法だからこそ、
家づくりを計画中の方は、ぜひ、ご検討してみてください。

もちろん、irohacoではご希望があれば2×4などの工法での施工も可能です。
気になっていること、不安に感じていることがありましたら、
どんな些細なことでも構いませんので、お気軽にご相談ください。

 

 

その他 構造の標準内容

irohacoではより地震に強いお家を作るために、上記のような工法や装備を採用しています!

国産メーカーの高性能グラスウール断熱材「アクリア」

家づくりでは、間取りや収納スペースなどの「見えるところ」が重視されがちです。

でも実は、快適な住まいを実現するには「見えないところ」、特に断熱材を入念に検討することが大事。

高断熱住宅であるかどうかで、こんなにも違いが出ることをご存知でしたか?

 

 

豊富なラインナップで、家全体をすっぽり断熱

高性能断熱材「アクリア」は、幅広いラインナップを取り揃えているので天井や壁、床など家を丸ごと断熱できます。

高断熱住宅の主な特徴

特徴01「快適さが違う!」

一般的な住宅だと、床や壁が外気の影響を受けやすくなってしまい、エアコンの設定温度と体感温度に大きな差が出てしまいます。
断熱性能が高ければ気温の影響を受けにくいので、一年中快適に過ごすことができます。

※外気温-6℃でエアコンの設定温度が20℃の場合
※2020年を見据えた住宅の高断熱化技術開発委員会(HEAT20)パンフレットより

特徴02「健康的に過ごせる!」

断熱材の選び方は、住む人の健康も左右します。
一般的な住宅に比べて、断熱性能の高い住宅では部屋と部屋の気温差による「ヒートショック」を起こしにくいうえ、風邪を引きにくいというデータも出ています。

特徴03「家計に優しい!」

年間の冷暖房費は、一般的な住宅では約68,000円。
一方で断熱性能の高い住宅では約47,000円と言われていて、約3割も節約できることになります。冷暖房効果が高ければ、冷暖房機器にかかるコストも抑えられます。

※1 断熱等性能等級3
※2 断熱等性能等級4

理由01.最新の細繊維技術により断熱性能がUP

高断熱をリーズナブルな価格で実現!

一般的なグラスウール

アクリアネクスト

グラスウールは、細いガラス繊維が絡み合ってつくられる空間によって、熱を伝えにくくしている断熱材です。
高性能断熱材「アクリア」のような高性能グラスウール断熱材は、一般のグラスウール断熱材に比べ繊維径が細く、よりたくさんの繊維が絡み合っているので、断熱性能 がさらに向上しています。

理由02.シックハウス症候群の原因の一つといわれる、ホルムアルデヒドを原料に含みません

ホルムアルデヒドはシックハウス症候群との関連だけでなく、発がん性が指 摘されている有害物質です。高性能断熱材「アクリア」なら、ノン・ホルムア ルデヒド。ご家族の健康と安心に配慮して、ホルムアルデヒドを一切含まな い材料を使用して製造しています。

その他 オプション

”自分だけの特別なお家”を目指すならやっぱり「木造軸組工法」がよさそうだね!お家の工法に種類があるなんて知らなかったから家づくりを始める前にわかってよかった~!
皆様が思い描いている素敵なマイホームを考えると「木造軸組工法」がおすすめです!もちろん他の工法もございますのでお客様に合った工法で家づくりを進めていきましょう!

サイト内検索