いろはこ irohaco

いべんと・おしらせ Eventいべんと・おしらせ Event

子育てしやすい家でストレスフリーに!将来を思い描いて考えよう

子育ては1人で2人あるいはそれ以上の人間の生活を管理しなければならない、非常に労力がかかるものです。

しかし、住宅の設計次第で子育てにかかる労力は大幅に軽減できます。

今回は、子育てしやすい家の間取りに加えて、子育て後の住宅設計についても紹介します。

ぜひ参考にしてくださいね。

□子育てしやすい家の特徴とは?間取りを決めるときのコツを紹介します!

 

子供がいる家庭で求められる住宅には、一人暮らし用の住宅や夫婦で暮らす住宅とは異なる様々な特徴があります。

以下のコツを参考に、間取りを考えていきましょう。

リビングダイニングの面積を広く確保しておくことは、子育て空間にゆとりを持たせるためには重要です。

特に子供が小さいうちは、おうち時間のほとんどを両親と過ごすので、家族全員が一か所に集まる時間が必然的に長くなります。

そのため、家族全員で集まっても窮屈に感じず、子供も自由気ままに遊べるような広いリビングダイニングは、子育ての際に非常に役立つでしょう。

キッチンから部屋全体への見通しを良くすることは、子供の安全を確認するのに効果的です。

子供は予想外の行動をするものですから、調理中も常に目が離せません。

キッチンから部屋全体への見通しが良ければ、調理中でも子供の様子を簡単に確認できますし、家族との会話を楽しむこともできます。

お風呂場や洗面所などは、親子で使用してもゆとりがあるくらい広く確保しておくと良いでしょう。

子供の身支度と自分自身の身支度を同時並行できるようにしておけば、時間が無いときでも効率的に外出の準備ができます。

□子育て後も快適な生活を!老後の生活を考慮した住宅設計についてご紹介!

 

子育て中に子育てしやすい家であることはもちろん大切ですが、子供が大人になった後の暮らしやすさを考えることも大切です。

例えば、年を取ると何気ない小さな段差でも、転倒の原因になってしまいます。

段差をなくした設計にしたり、転倒しても怪我の恐れがない床材を採用したりするなど、バリアフリーを意識して住宅設計しましょう。

また、生活動線が複雑になると、老後に家の中で生活するのがしんどくなってしまう可能性があります。

生活動線をできるだけ直線的かつ短くするためには、頻繁に使用する設備を一か所に集約するのが効果的です。

□まとめ

 

子育てしやすい家をつくるには、「リビングダイニングを広くする」「キッチンから部屋全体への見通しを良くする」などといったコツを押さえることが大切です。

また、子育て後の生活も意識して住宅設計すると、長期間快適に暮らせる住宅にできます。

子育てしやすい家を建てたいという方は、ぜひ当社にご連絡ください。