いろはこ irohaco

いべんと・おしらせ Eventいべんと・おしらせ Event

新築のキッチンを失敗したくない方へ!コツを解説します!

「キッチンで失敗しやすいことは何かな」

「失敗しないためのコツを知りたい」

このようにお考えの方も多くいらっしゃるでしょう。

そこで今回は、失敗しやすい点と、失敗しないためのコツについて解説します。

 

 

□失敗しやすい点をご紹介!

 

1つ目は、収納スペースが足りないことです。

さまざまな日用品を収納するスペースが足りないと、調理器具をすぐに使用できなかったり、片付けに時間がかかってしまったりするといった問題が生じてしまいます。

そのため、十分な収納スペースを設けましょう。

2つ目は、必要な設備を削ってしまったことです。

キッチンの予算を削るために、必要な設備まで削ってしまうと、使い勝手が悪くなりますし、印象にも悪影響を与えます。

優先順位をつけて、慎重に検討しましょう。

3つ目は、キッチンの種類が合わないことです。

キッチンには多くの種類があり、ご自身の生活様式に合わない種類だと使いにくくなります。

イメージをして、本当に使いやすい種類を選びましょう。

4つ目は、キッチンの高さが身長に適していないことです。

少しでも高さが異なると、ストレスの原因になります。

ご自身に合う高さを検討しましょう。

□失敗しないためのコツについて

 

ここまでは、失敗しやすい点についてご紹介しました。

ここからは、失敗しないためのコツについて解説します。

1つ目は、ご自身に合うキッチンを選ぶことです。

キッチンには、対面キッチンと壁付キッチンの2つの種類があります。

それぞれの特徴を把握した上で、ご自身に合うキッチンを選びましょう。

2つ目は、十分な収納スペースを確保することです。

収納したい物の量や大きさ、家事動線に合わせて設置しましょう。

3つ目は、ゴミ箱の位置を決めることです。

あらかじめゴミ箱のスペースを確保しておき、家事動線の邪魔にならないようにしましょう。

4つ目は、コンセントの位置です。

利用するシーンをイメージして、どこにコンセントを設置するかを検討しておきましょう。

5つ目は、作業しやすい広さを確保することです。

キッチンで作業する人数やシーンをイメージして、どれくらいの広さが適しているかを検討しましょう。

□まとめ

 

今回は、失敗しやすい点と、失敗しないためのポイントについて解説しました。

この記事でご紹介したことを参考に、キッチン作りをしてみてください。

当社は、お客様のニーズに合わせた住宅を提供致しております。

注文住宅をご検討中の方は、ぜひ当社にお任せください。